証券会社ランキング

ネット証券会社ランキングでは人気・お得・安心の証券会社を厳選してご紹介。
最新人気ランキング手数料の詳細比較はこちら


 

証券会社ランキング

  SBI証券

  楽天証券

  マネックス証券

  カブドットコム証券

  そしあす証券

  内藤証券

  クリック証券

  松井証券

  丸三証券

証券会社比較ランキング

投資家の多くは平均3つの証券会社に口座開設し無料でサービスと情報を
利用しています。 それぞれの証券会社の良いところを存分に利用してください。
おすすめの証券会社はSBI証券、楽天証券、GMOクリック証券、ライブスター証券です。
手数料では松井証券、GMOクリック証券、ライブスター証券投資信託は楽天証券
自動売買はマネックス証券など、それぞれ特徴がありますので、
資料請求し比較してみてください。自分にあった証券会社が見つかるはずです。
資料請求・口座開設は無料ですので お気軽にお申込してください。
皆様のお役に立てれば幸いです。証券会社比較ランキングおすすめ証券会社
ここで紹介する証券会社は口座管理料などすべて無料です。
SBI証券
手数料は業界最低水準!投資金額や優待内容からお目当ての銘柄が見つかる株主優待検索ツール、テクニカル条件や財務条件から銘柄の絞込みが行えるスクリーニング、 投資に必要な情報収集から注文発注まで一貫してサポートするリアルタイム・トレーディングツール「HYPER SBI」や企業レポート、四季報の企業データ、クォンツスコア等など、各種情報分析ツールが豊富でしかもすべて無料。 それに振り込んすぐに売買できるで即時入金サービスは非常に便利、三菱東京UFJ・三井住友・イーバンク・ジャパンネット銀行などから対応していて振込手数料も無料。オンライン専業証券最大規模のスタッフが質問に迅速に答えてくれうなど初心者の方にも安心です。 手数料・情報量・使い勝手などすべてにおいて満足です。さすがネット証券業界最大手。株式投資するならSBI証券ははずせません。とにかく初心者からプロまで使える証券会社です。 資料請求・口座開設はこちら

楽天証券
楽天証券の完全リアルタイム自動更新機能のマーケットスピードは使い易く刻々と変動する株価や気配値、株式市場の最新情報、ロイター配信や最新のニュースをいち早く入手可能で、 従来のブラウザーベースでは実現し得ない自動更新機能と、専用ソフトならではの優れた操作性、顧客ニーズを常に取り入れた多彩な機能は最高です。まるでディーリングルームにいるような感覚を味わっていただけると思います。 資料請求・口座開設はこちら

マネックス証券
マネックス証券なら多彩な注文方法でロスカットも利益確定も自由自在、逆指値/ツイン指値/一括注文訂正・取消/連続注文/リバース注文/サーフィントレード/選べる注文画面で勝ち時を逃しません! しかも注文は当日中、今週中、今月中など最大30日先までの期間指定注文が可能。日興シティグループ証券、JPモルガン証券、株式新聞、フィスコ、QUICKなど、多数の情報ベンダーからの質の高い無料情報も豊富です。 マネックスナイター(夜間取引)もできて株式取引の機会が増えるので平日昼間働いてる私にはありがたいです。注目点は貸株サービスといってお預けの株式をマネックス証券に貸出すことで金利がもらえる画期的なサービス、株式から値上がり益、配当金に続く「第三の収益」が生まれます。株式の時価に応じて日々金利が付与されるうえ、売買に関する制限も一切なし! この貸株サービスを長期的に利用すれば実質手数料は他より安いかも知れません。 普通株の1/10の金額から投資できるミニ株もあり、それから中国株も全銘柄をリアルタイムで取引可能。インド、中国、ロシア、ブラジルの投信も取扱、これから投資信託を始めてみたいかたにもオススメです。投資信託はネット経由での販売実績No.1です。 詳しくはこちら


4位  カブドットコム証券
カブドットコム証券は、すべてのサービスを利益最優先の視点で初心者からベテランまで、リスクを上手にコントロールしながら利益を伸ばすために役立つ「リスク管理追求型サービス」を用意。常に最先端のサービスを提供してくれます。逆指値注文をはじめとしたさまざまな注文方法も、便利さに加え損失を抑え利益を伸ばすために役立ちます。「損をしないこと」を重要視するスタイルが「儲かること」に繋がります。 貸株料がもらえたらり、無料の投資情報やチャートも充実しています。 詳しくはこちら


5位  そしあす証券
そしあす証券の手数料は約定金額が50万円以下でなんと231円!トレジャースタンダードと 現物取引、信用取引に関わらず1日合計約定金額が300万円以下で1260円のトレジャーボックスとが選択でき、どちらの手数料プランにおいても業界最低水準を実現しています。 しかもトレジャースタンダードとトレジャーボックスの手数料プランは1日毎に変更可能で、取引状況を考えながら選択することが出来ます。 詳しくはこちら



6位  内藤証券
内藤証券は手数料を大幅値下げし利用しやすくなりました。選択肢に加えてみてもいいかもしれません。 中国にある上海事務所を通じてアナリストが取材したニュースを配信してくれるなど、中国株にも強い証券会社です。 詳しくはこちら



7位  クリック証券
クリック証券はお客様一人一人の投資スタイルに合わせた自分だけの投資環境とWeb 2.0と言われる様々なサービスを展開しています。複数起動や最小化もできる省スペースな画面。タスクトレイに常駐タイプの取引ツール「はっちゅう君」なら、普段から使い慣れた情報ツールと併用して最適なタイミングで素早く注文が可能です。 さらに「はっちゅう君+(プラス)」は、圧倒的なカスタマイズ性を誇る取引ツールです。 詳しくはこちら



8位  松井証券
松井証券の手数料は投資スタイルに合わせて1日に何回取り引きしてもある約定代金までは定額の手数料体系です。30万円までなら315円と格安です。 松井証券では預けた株式に対して「預株料」を受け取ることができますので、いままで眠らせていた株券を有効に活用できます。 東京三菱・三井住友・UFJ・みずほ・スルガ・イーバンク・ジャパンネット銀行と郵便貯金の専用ネット入金サービスなら振込手数料が無料。 詳しくはこちら



9位  丸三証券
丸三証券なら口座開設後、2ヶ月間手数料無料! 詳しくはこちら





手数料比較 ≪最新≫


証券会社比較ランキング 投資信託比較 日経225mini比較 CFD取引比較 外国為替FX比較 商品先物CX比較


おすすめ証券会社おすすめ証券会社



* 口座開設の手順

1.資料請求か口座開設ページから必要事項を入力します。

2.資料と口座開設申込書が送られてきます。

3.口座開設申込書に必要事項を記入します。

4.口座開設申込書および本人確認書類を郵送します。
取引に必要なログインID、パスワードが記載された通知書が届きます。

5.証券会社のホームページにログインし取引開始!



* ネット証券の特徴

店舗や営業マンの費用がかからない分、大幅なコスト削減が可能になり手数料が安い。

運用資金の少ない投資家にとって収益に占める手数料の割合が高くなるので、

できるだけ手数料の安い証券会社を選ぶのがいいと思います。

手数料が安いと頻繁に取引すればする方ほど恩恵を受けることができます。

頻繁に取引すると手数料もバカになりませんので、できるだけ手数料が安いところを選ぶのが賢明でしょう。

また、夜間取引(PTS)を実施しているところもあります。

携帯電話やパソコンからネットにつながれば24時間いつでも、どこでも気軽に注文が出せます。

いろんな証券会社に口座開設してサービスや情報を無料で利用するのがお得です。


* 株式投資の注意点

ボタン1つで気軽に取引できるようになった反面、携帯電話やパソコン操作による誤発注には注意が必要です。

過去にみずほ証券がジェイコム株を大量に誤発注し巨額の損失を出した事件を受け、株式ネット取引の問題点が浮き彫りになりました。

そして最近は少なくなりましたが証券会社のサーバーがダウンした場合、注文が通らなくなりますので注意が必要です。


* 投資について

投資には確実なものはありません。常にリスクが存在することを考えて投資することが大切です。

当初は余裕資金で少額からはじめ、勉強しながら慣れていくのがいいと思います。

自信がない方はプロが運用してくれる投資信託という選択肢もあります。
















Copyright 証券会社ランキング All Rights Reserved.運営